ローン返済でお悩みの方へ–任意売却–

  • ホーム
  • ローン返済でお悩みの方へ–任意売却–

Brokerローン返済にお困りの方なら任意売却・リースバック

不動産をローンで購入しても、返済の途中で病気や怪我などが原因で返済が滞ることもあります。返済の遅延も1、2ヶ月であれば大事になりませんが、半年も遅延が続けば不動産が差し押さえられて、競売にかけられることになります。競売にかけられてしまうと、市場の相場よりもずっと安い値段で売られる上にご近所にも競売にかけられたことが知られてしまいます。そうなる前に任意売却の手続きをしましょう。ローンで不動産を買った人は、支払いが終わるまで何が起きるか分かりません。こちらでは、気仙沼市の十人十色ライフサービスが任意売却についてご紹介します。

任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンを滞納した場合に銀行と話し合い、不動産を売却することで解決する方法です。不動産を売却するという点では仲介売却と変わりません。しかし、一番の違いは債権者(借金の借入先)の同意が必要な点。なぜなら債権者からの同意が得て、不動産を売却した際に「登記簿謄本」に掲載されている「抵当権」の情報を抹消してもらう必要があるからです。

抵当権とは、不動産ローンがもし返済されなかった場合に、金融機関が不動産を売却して売却代金によって住宅ローンを回収する権利のこと。抵当権が残っている物件を売却するためには、抵当権を解除してもらう必要があります。

任意売却が可能な期間

任意売却ができるのは、競売が始まる前までです。逆にいえば競売が始まる前であれば、任意売却をすることはできます。では、競売が始めるのは、どれくらい滞納があってからなのでしょうか。

任意売却可能 ローン滞納前 ローンの滞納はありませんが、支払いが苦しくなってきました。
ローン滞納
3カ月以内
督促状や一括弁済通知が金融機関から届き始めます。
放置してしまうと、競売にかけられてしまうので早めに相談がおすすめです。
ローン滞納
4カ月以内
競売開始の通知が届きます。
通知が届くと到着から4~5カ月ほどで、競売が始まります。
ローン滞納
5カ月以上
競売の開始日が近づいています。
競売の執行官が裁判所から派遣され、家の写真撮影ほか調査を行います。
不動産関係者が訪れることもあります。この期間であればまだ任意売却も間に合います。
任意売却不可 競売開始 競売が開始されます。
自宅からは強制的に立ち退きとなり、任意売却もできません。

競売と任意売却の比較

競売を免れるための任意売却ですが、競売と任意売却ではどれくらい違うのか、それぞれの項目で比較してみましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売 任意売却
売却価格 市場価格の5~7割程度で売却 市場相場に比較的近い価格で売却
残債 売却後も多額の残債が残る場合も多い
返済も交渉ができないため無理な支払いになることが多い
競売より減らす事が可能。
返済金額の交渉ができるので生活に余裕が生まれる
プライバシー 新聞広告やインターネット上などに情報が公開される
近隣や職場の人に事情を知られてしまう可能性が高い
一般の売却と変わらないため、
他人に知られずにすむ
引っ越し費用 交渉できないため、費用は残せないことがほとんど 交渉することで費用を残せる可能性が高い
その後の生活 生活の再建が難しい 準備金を残すことができるので、
新しい生活へのスタートがしやすい

リースバックについて

リースバックについて

リースバックとは、不動産を売却して現金化した後も、

賃貸として同じ家に住み続けることです。

ローンの返済が苦しいので不動産を売却して現金にしたいけど、子どもの転校を避けたいので住み慣れた家には住み続けたい、老後の生活費が足りないといった場合に使われます。不動産の名義は買い取った不動産会社のものとなり、不動産会社から賃貸契約して住むことになります。リースバックの場合、毎月家賃を払い続けることになりますが、初期費用や引っ越し代もかからないので、生活が変わらず現金を得ることができます。お金の余裕ができたら、優先して買い戻すことも可能です。

ローンの返済にお悩みの方は、気仙沼市周辺で不動産事業を手掛ける十人十色ライフサービスまでお気軽にご相談ください。お客様一人ひとりに寄り添ったアドバイスをご提案させていただきます。